前日はしてはダメ?その理由が明らかに!

ムダ毛は処理して行かなくてはいけない

サロンで脱毛を行う時には自分でムダ毛を処理していかなければいけません。これはサロンで行われる脱毛が光を照射し、その光でムダ毛の元となっている毛母細胞にダメージを与えて、ムダ毛が生えてこないようにするという方法であることが理由です。この時に照射する光は黒い色に吸収される性質があるのですが、ムダ毛が長いままだと毛根にまで光によるダメ―ジが届きにくくなってしまうため、処理をして短くしておくことが必要なのです。しかし当日や前日のムダ毛処理だとまだムダ毛が生えてこないこともあるので、せっかく光を照射しても光を吸収する黒い部分がありません。これらの理由からサロンに行く2~3日前にムダ毛を処理しておくと、少しだけムダ毛が生えてきているので効率よく光を吸収してくれるのです。

肌へのダメージも考える

サロンでの施術前のムダ毛処理が施術の2~3日前が良い理由としては、肌へのダメージ軽減という点も挙げられます。サロンで脱毛するときの光の照射は黒色に吸収されるものではありますが、その周りの肌にも光が当たっています。そのため、体質や体調によっては肌に赤みが出てしまうこともあります。施術前のムダ毛処理の方法にはさまざまなものがありますが、カミソリなどで処理を行うと目には見えませんが無数の傷が肌についています。その状態でさらに光を照射することは肌に更なるダメージを与えることになってしまいます。施術の2~3日前ならば肌についてしまった傷も治癒してきますので、当日や前日にムダ毛の処理を行った場合よりも肌に与えるダメージは軽くなります。

Oライン脱毛を新宿でしたいときには、個室で施術を受けられる場所を選ぶことです。そうすれば、周りの視線が気にならずリラックスできます。